生活習慣病の代表 糖尿病について

糖尿病|厚生労働省

太っている人がかかる病気という印象の強い「糖尿病」。そのイメージはあながち間違っていません。日本人の糖尿病患者の95%は、食事の内容や運動不足などの生活習慣が原因とされています。
糖尿病にはいくつかタイプがあります。
・1型糖尿病
・2型糖尿病
・遺伝子の異常、または他の病気が原因となるもの
・妊娠糖尿病

ここでは、糖尿病患者の大半がかかっている「2型糖尿病」について説明していきます。

◆糖尿病ってなに?

体中に張りめぐらされていて、血を通してあらゆるものを運ぶための道を「血管」と呼びます。血管内の「血糖値」と呼ばれる数値が高くなってしまう病気のことを「糖尿病」と言います。
「血糖値」について説明しましょう。
血管の中には、体を動かすためのエネルギー源となる「ブドウ糖」が流れています。ブドウ糖は食べ物や飲み物を消化することで作られます。体中の細胞や臓器、筋肉に向かって血に送られ、吸収されて使われることがブドウ糖の役目です。
血糖値とは、ブドウ糖が血の中にどのくらいあるのかを示す数値です。 糖尿病は、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞や筋肉に運ばれなくなり、血の中であふれてしまうことによって起きる病気です。

どうして運ばれなくなってしまうのか。それは「インスリン」と呼ばれるホルモンが足りなくなり、細胞に作用しなくなるからです。

◆インスリンってなに?

糖尿病患者の方が注射でインスリンを補充するという話は有名ですね。

「インスリン」には血の中のブドウ糖を体のさまざまなところに送りこみ、活動エネルギーに変える力があります。血糖値を下げられる唯一のホルモンでもあり、食後の血糖が上がらないよう調節するはたらきもしてくれます。ブドウ糖を脂肪やグリコーゲンという物資に変え、たくわえてくれるのもこのホルモンです。
つまりブドウ糖のコントロールをしてくれるのがインスリンなのですが、これが不足してしまうことでさまざまな症状が出始めてしまいます。

・ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなるため、血糖値が上がる
・筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないため、全身がエネルギー不足に

全身に活動エネルギーが行き渡らなくなれば、体が弱くなってしまうのは目に見えています。体が弱まることで発症し、悪化してしまうのが「糖尿病」です。
ですが最初に説明したとおり、糖尿病の原因は普段の食生活や運動不足がほとんどです。糖尿病になりにくい生活習慣へ変えて、病気に備えましょう。

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/about.html