ドロドロ血液を作る「脂質異常」

コレステロールが成人病の原因となることは広く知られています。
脂質異常、高脂血症と呼ばれる生活習慣病は、血中のコレステロール値か中性脂肪値、あるいはその両方が高値を示すものです。

血液ドロドロ度チェック | 医療法人社団 宗正会 東福間病院

◆コレステロールは悪者ではない?

一般的に「コレステロールが高い」という時は、総コレステロール値のことを指します。
コレステロールには「善玉」とされるHDLコレステロールと「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールがあります。
LDLコレステロールは肝臓から体の隅々へ運ばれますが、過剰になると血管の内側に付着し、血流を阻害します。
一方、HDLコレステロールはその余分なコレステロールを肝臓へ戻す働きをすることから善玉と呼ばれます。しかし、いずれも本来体のために必要な脂質であることには変わりありません。
増えすぎるのはもちろんよくありませんが、逆に減りすぎても肝臓や甲状腺の機能障害の危険性が高まったり、細胞膜が弱くなってかえって血管がもろくなるということもありますので、極端に摂取を減らすことは避けましょう。

◆中性脂肪の働き

コレステロールがホルモンや細胞膜の原料となるのに対し、中性脂肪は皮下脂肪のもとであり、備蓄エネルギーとして肝臓に貯蔵されます。
いざという時には中性脂肪は脂肪酸に変化し、体温保持を始めとする生命維持活動に役立ちます。
アザラシなど寒い地域に住む海獣類は皮膚の下に分厚い脂肪層を備えていますよね。
これは体温を一定に保ち、内臓を保護するために発達したもので、人間の皮下脂肪も同様の働きを持っています。
遭難などで飢餓状態に陥っても、同じ条件なら女性の方が助かる確率が高い、と聞いたことはありませんか?これも女性は体質的に皮下脂肪が男性よりも多いからなのです。

◆脂質異常だと血液はどうなるか

しかし、中性脂肪が増えすぎると皮下脂肪も過剰になります。肥満の原因となるのはもちろん、血管内に脂肪が蓄積されて血流が悪くなったり、動脈硬化を引き起こしたりします。 中性脂肪が多すぎると、HDLコレステロールが低下するという傾向も見られるそうです。
いわゆる「ドロドロ血液」も中性脂肪の仕業。
特に炭水化物・糖分・アルコールは体内で中性脂肪に変化しやすいので、適度な摂取を心がけましょう。

肥満と脂質異常に関連性があることは容易に想像がつきますが、最近は太っているように見えなくても中性脂肪やコレステロールの値が高い「血液肥満」の人が増えています。
定期的に血液検査を受けてチェックするようにしましょう。

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://ed.cocokarada.jp/column/10.html