ED治療には薬も有用

EDもいわゆる生活習慣病のひとつととらえるべき場合があります。勃起にはスムーズな血流が大切ですが、血管の劣化などによって血流が阻害されれば、EDになる可能性は高まります。治療には、生活習慣病と同じように毎日の運動などが効果的です。
しかしそれだけではどうも頼りない、もしかしたら別の要素もからんでいるのではと疑ってしまう方もいます。生活習慣を変えていくだけでは、改善に時間がかかるため、不安が大きくなってしまうからです。
不安を取り除き、自信を回復するためには即効性が必要だと思われます。男性のEDは、体の病気だけではなく、精神的なストレスも原因になってしまうからです。

ここでは即効性を持つED治療薬について説明していきましょう。

◆ED治療薬にはどんなものがあるの?

現在日本で認可されている薬は3つです。
・バイアグラ
・レビトラ
・シアリス
世界でもっとも有名で人気のあるバイアグラが、やはり日本でも一番服用されています。
バイアグラとレビトラとシアリスの違い【浜松町第一クリニック】

◆危険性はないの?

服用法さえ間違えなければ、けして危険なものではありません。

過去、ED治療薬に関連するような死亡事件が何度か起きたことがあります。ニュースや新聞により取り上げられ、大問題になりました。その事件が原因で「バイアグラ=危険」といったイメージが日本中に広まったのでしょう。
しかしその事件を詳しく調べてみると、たくさんの誤解が判明しました。死亡してしまった男性はED治療薬を医者ではなく、友人から受け取り、正しい服用法を聞いていませんでした。
現在ではそんな死亡事件は起きておりません。医者が薬を処方する際、服用法の説明を徹底しているからです。個人輸入などをして正規品ではないニセモノを手に入れたりしていない限り、ED治療薬はもう恐れる必要のない薬と言えます。

◆バイアグラにはどんな効果があるの?

バイアグラの効果・服用方法・副作用【浜松町第一クリニック】

一口に言うと勃起がしやすくなります。

バイアグラなどの治療薬は、ニトログリセリンと呼ばれる薬に代わる、狭心症や心筋梗塞の新たな予防薬として開発されていました。つまり「血管拡張剤」、硬くなってしまった血管を広げる薬です。
薬の開発中に偶然、「勃起を促進する」という副作用が発見されました。こちらの効果が注目され、勃起不全治療薬として売り出されるに至ります。
ED治療薬は性欲増進剤とは違います。体の血管を広げ、血の流れを良くして、特に勃起の補助をする薬です。タバコのニコチンやアルコールのような依存性や中毒性はまったくありません。
精神的にも「性的不能」になってしまう前に、即効性のあるED治療薬を使ってみましょう。早目に自信を取り戻してしまうことをおすすめします。

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://www.hama1-cl.jp/column/ed_effect.html