子宝に恵まれるために

健康的な夫婦生活を送っていれば、当然「子供」の誕生が視野に入ってくることでしょう。しかしパートナーがEDになってしまっている場合は、それも難しくなってしまいます。病院やかかりつけ医によって治療をしていても、なかなか治らないと不安にもなるでしょう。

セックスレスではないけれど、子作りがままならない。そんな時はどうしたらもっとEDに対処できるのか、一時的でも勃起機能を回復し、自信を取り戻すことができるのかを考えてみましょう。

◆プレッシャーはED治療の邪魔になります

医師の説明どおりにED治療を進めていても、すぐに効果が出るとは限りません。女性はなるべく「性的な話題」を口にするのはやめましょう。男性は「セックスしなければ」とどんどんプレッシャーを感じ、心因性EDを悪化させてしまう可能性があります。

体を触れ合わせるだけで人は安心を覚えるものです。パートナーとして、夫が自信をなくすような発言はひかえましょう。

◆ED治療薬も回復に役立ちます

加齢などの肉体的な衰えが原因でない場合、つまり精神的なストレスやプレッシャーが原因でEDになってしまう人もたくさんいます。そうした方々は一度、ちゃんと勃起させることで一気に回復に進むケースもあるようです。

「子供を授かりたい」という男性は本当に多いのですが、EDのためにままならない。そうした現状を、ED治療薬によって打破したという話はいくらでもあります。試してみるといいでしょう。

◆リラックスすることが大事

日本人のED率は世界的に見ても高いようです。40歳を超えれば、2人に1人はED患者だと言われています。それほど誰でもなってしまう病気。 しかしそれは、日本人が「マジメ気質」という証明になるでしょう。

マジメだからこそストレスやプレッシャーから逃げず、病気になってしまう。悪いことだとは一概には言えません。マジメな方々が今の日本や社会を作ってくれているのですから。

と、このような具合に「この人もマジメな日本人の一人」くらいの気軽さでいればいいでしょう。EDはもはや国民病です。深刻に考えず、こうなってしまうのが当たり前、くらいにリラックスしましょう。治療の効果はゆっくりですが、確かなものです。時間をかけて治すことが大事です。

誠実だからこそ責任を感じるし、パートナーの希望にも応えたくなる。それが日本の男性です。「子供を作らなくては」と考えすぎてしまうのも無理はありません。だからこそ、今はリラックスが大切です。

プレッシャーはなんの進展も生みません。パートナーとよく話し、EDや生活習慣病と向き合っていきましょう。

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://www.viagra-generic.jp/age/