もしパートナーがEDになったら

パートナーを思いやっていても、EDが悪化してしまった場合は病院での受診が必要となります。男性が性的なことにナイーブだとしても、放っておけば問題はEDだけではなくなる可能性も。いつかはパートナーとの関係にも支障が出てきてしまうでしょう。

はっきりとEDであることが分かったら、受診することが大切です。性の悩みは他人に相談しにくいでしょうが、治療は早めの方がいいに決まっています。問題はタイミングと、どう勇気を出すか。どんなタイミングで受診するべきかを考えていきましょう。

◆ED受診する目安は?

医師に相談するタイミングは、「本人が勃起に不満を感じた時」、または「パートナーに不満を持たれた時」でしょう。EDは現代ではもう珍しい病気ではありません。「恥ずかしい」と思わずに、治療してみましょう。

恋人に内緒で病院に行く男性がほとんどですが、パートナーと一緒に受診することもいい方法です。パートナーとなんでも話し合える関係を保っておくのも大事です。心の軽さがストレスやプレッシャーのない治療をするコツだとされています。

◆ED治療について相談を受けたら

女性がパートナーに信頼されていれば、男性自らEDであることや、通院についての相談をされる場合もあります。女性として誇らしいことだと思いましょう。 男性はこうした悩みを誰かに、特にパートナーには相談しようと思わないものです。もしも相談されたなら、その女性は男性の信頼も愛情も勝ち得ていると言えます。

EDはパートナーが親身になって協力することで早く治るケースが多いです。女性は「一緒に病院に行こう」と気楽に声をかけてあげましょう。あなたの協力が男性を助けます。

◆ED治療薬を飲んでいると相談されたら

EDを隠すために、男性はバイアグラなどのED治療薬を飲んでセックスしていることがあります。しかし特別なことではありません。
否定的に考えず、驚かないで受け入れてあげましょう。パートナーは自分のためだけでなく、女性の満足も考えてそうした隠れた努力をしていたのかも知れません。

ED治療薬は危険なものではありません。医師の処方どおりに服用していれば、他の薬と同じで安全です。それでももし不安があれば、パートナーが通っている医師に話を聞いてもいいでしょう。

男性の性の悩みは女性の協力によっていくらでも解決できます。早めの受診と通院が、夫婦の関係を良好に保つための鍵です。パートナーの勇気を支えてあげましょう。

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://ed.cocokarada.jp/column/10.html