まずはジムに通おう!

生活習慣病は肥満から派生することが多いもの。それは、脂肪が血液の成分を悪くしたり体のコンディションを悪くしたりするからです。では、トレーニングをすれば解決するのでしょうか?解決はするのですがなかなか続きませんよね。ジムはそういった悩みを解決してくれるのです。

◆まずは家の近場のジムに入会

なぜ家の近くなのか?答えは単純。それ以外の場所だと行かなくなるからです。例えば職場の近く。一見仕事帰りに良さそうですが、ジムに通うにはシューズ、着替え、その他いろいろ荷物が必要です。そのため、職場に荷物を持っていくか、ジムに置いておくかになります。ジムに置くとなると、個人専用ロッカー代がかかるし、職場では邪魔になる。自宅の近くであれば、いったん帰ってから荷物を持ってジムに行けます。他にも理由があるのですが後程せつめいしましょう。今までトレーニングが続かなかった理由が見えてきませんか?

◆トレーナーにトレーニングメニューを決めてもらう

ココが一つおおきなポイント。トレーニングメニューはトレーナーに決めてもらうと効率がいいのです。専門家なので、その人に合ったメニューを組んでくれます。たぶん、有酸素運動と筋トレ、そしてストレッチのメニューになるでしょう。ただ、どれくらいの強度でやるか、有酸素運動をする時間の長さはどうするか。そういったことは、効果的に組まないとムダになりやすいもの。効率よくトレーニングしたいですよね。また、食事指導もしてくれるので、それを素直に守るだけでOKです。ちなみにここでのモチベーションアップのポイントは「女性のトレーナーを選ぶ」ことです。

もちろん選べない場合もありますが、これだけでやる気と通う動機になります。成果が出れば、そのトレーナーの評価も上がるので、二人で喜ぶことができます。かつ、もしかしたらストレッチ等、ことば通り手取り足取り教えてくれるかもしれません。もう、これだけで充分ですよね。まずは3か月通うことを目標に、コツコツ通ってみましょう。

◆ジムは若い女性のたまり場

もうひとつの良さは、夜間のジムは、若い女性特に20代後半からアラフォー世代がたくさん居ます。もちろん目的はダイエット。その中でちょっとポッチャリ目だけど痩せればかわいい女性にアプローチしてみましょう。ストレッチのやりかたとか、この1か月に何キロやせたとか、このメニューが効果があったとか。話題にはことかきません。

実は、自宅の近くのジムにしたのは理由があります。あなたもお気づきかもしれませんが、女性の会員も、自宅の近くのジムに通う率が高いのです。近所であれば気軽に友達付き合いもできるし、そこからきちんとした交際に発展するかもしれません。一石二鳥ですね。

◆ジムには器材が揃っている

まじめな話をするとジムには器材がそろっています。筋トレの機材、ロードランナー、プールに各種のストレッチの補助用具。これらを自分でそろえることは難しくありませんか?かつ、道具の使い方もレクチャーしてくれるのがジムの良さです。また、生活習慣病予防のトレーニングに特化した講座を開いている場合もあります。もう、至れり尽くせりですね。

ジムに通って健康に痩せる、そうすると、体調もどんどん良くなっていくでしょう。あとはバランスのとれた食事をとっていけば、生活習慣病予防になるはずです。コツコツ取り組みましょう。

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://iikoto-lab.com/exercise/