死んでしまう危険性も? 心臓病について

狭心症・心筋梗塞などの心臓病(虚血性心疾患) | e-ヘルスネット 情報提供|厚生労働省

かかったら死んでしまう病気、というイメージでは、この「心臓病」がもっとも挙がりやすいのではないでしょうか。
食生活や運動不足のほかに、ストレスが積み重なって引き起こされる生活習慣病の1つが「心臓病」です。心筋梗塞や狭心症といった病気はこれに当てはまります。有名なので病名を知ってはいる。しかし詳しくは知らないという方もいるでしょう。

◆心臓病ってどんなもの?

全身を流れる血、その通り道の中心とも言える部位が「心臓」です。この器官が病気になってしまうことで、人は簡単に倒れたり、時には死んだりしてしまいます。
脈の乱れを起こしてしまう不整脈や、生まれつき心臓が問題を持っている先天性心臓病など、心臓の病気は多種多様にあります。
ここでは、生活習慣病から起こってしまう「動脈硬化」と、この症状が原因となって引き起こされる「狭心症」と「心筋梗塞」に焦点を当てていきましょう。

この2つの病気は「虚血性心疾患」と呼ばれる、生活習慣病の一種です。

◆虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)って?

大ざっぱに言ってしまうと、「心臓に血が行かなくなる病気」です。 心臓は常に血でいっぱいの器官です。この器官が健康的に働くことにより、体中に血が行き届き、エネルギーが送り込まれます。しかし「虚血性心疾患」にかかってしまうと、「心臓を動かしてくれている筋肉」である心筋に血が届かなくなり、心臓が弱ってしまいます。
血を通じて酸素やエネルギーを得ていた体ですが、血の流れがスムーズにいかなくなることにより、酸欠や栄養不足が起こってしまう。すると細胞がダメになり、全身がどんどん弱まってしまいます。
心臓には、専用の血管である「冠動脈」があります。この血管が狭くなって血が通りにくくなり、心臓に十分な量の血が届かない状態を「虚血」と呼ぶそうです。

◆血が届かなくなると死んでしまう?

上記の「虚血性心疾患」で起こる病気が「狭心症」と「心筋梗塞」です。 狭心症は短い発作なので、静かに休めば治ります。特効薬もあります。
心筋梗塞は狭心症とは違い、突然の発作で死んでしまうことも。素早く心臓の専門医に運ばれればたいていは回復するものの、誰もいない場所で倒れてしまうなど、最悪の状況も考えられます。
心筋梗塞は心臓の血管の詰まりが長く続いてしまうことで起こる病気です。この間、血が流れないことで心筋の細胞が壊れて死んでしまい、心臓を動かすことができなくなってしまいます。
心臓病の原因にもやはり生活習慣が大きく関係しています。日々の生活もそうですが、ストレスを溜めすぎることも病気の原因の1つ。できるかぎり普段から運動を行い、ストレス発散や血のめぐりを良くすることを考えましょう。

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/shinzou/index.html