糖尿病のセルフチェックと予防方法

糖尿病をチェックして予防することは健康を維持するのにかかせません。病名のごとく甘いものや油っぽいものが好きな人に起こりがちです。心配な人はまずはセルフチェックし、予防しましょう。生活習慣病の予防は思い立ったときにはじめるのが効果的ですよ。

◆まずは肥満度をチェックしよう

甘いものや油っぽいものが肥満の原因になることをご存じの方は多いでしょう。糖尿病は太りすぎで発症し他の生活習慣病の原因にもなります。だから自分の状態を知ることが何よりの予防方法です。 チェックするためにはBMIを使って計算しましょう。体重と身長から肥満度を知ることができる公式のようなものなので手軽に太りすぎを知ることができます。

・BMIの計算方法:体重/kg÷身長/m÷身長/m=BMI BMIが18.5未満なら低体重、18.5から25までなら標準体重、25以上なら肥満になります。

もしBMIが標準でも普段の食生活で甘いもの、油っぽいものを好んで食べる人は、未来の糖尿病患者になってしまうかもしれません。ですので防ぐためにはどのような食生活をしたらいいのかをまとめました。

◆糖尿病を防ぐ基本的な食事

まずは野菜をたっぷり摂りましょう。一日350グラム以上取り、そのうち緑黄色野菜を120グラム食べます。ビタミンとミネラルを豊富に含んでいるので糖尿病だけでなく、他の生活習慣病や健康を維持するために欠かせません。
甘いもの、油っぽいものは食べすぎないようにしましょう。肥満に直結しやすいので糖尿病だけでなく他の生活習慣病を招く原因になります。ファーストフード、スイーツ、ポテトチップスなどのスナック菓子、オムライス、ハンバーグ、パスタなど、カタカナの食べ物は太り過ぎを招いてしまうおそれが…和食中心にし、間食は時間を決めて摂るようにし、食べ過ぎに注意しましょう。
食べ過ぎを防ぐために薄味にし、よく噛んで食べましょう。濃い味付けはついついご飯がすすみます。また高血圧の原因にもなりかねないので調味料の使いすぎには注意し、ニンニクやしょうがやねぎ、かつおぶしなどの素材の味や風味を生かした味付けにしましょう。またしっかり噛めば少しの量で満腹感を感じられ、食べ過ぎを防げます。
また空腹感の大きさはその日によって違います。食事が多いと感じたらムリに食べずにラップをかけておき翌日食べるようにしましょう。いらないときにムリに詰め込むと、次回の食事の量が足りなく感じることがあるので食べ過ぎに注意しましょう。
食べすぎは糖尿病の原因になるのでまずは自分の肥満度を知り正しい食生活を送りましょう。また発病していなくても日頃から甘いもの、油っぽいものを食べ過ぎては予備軍になってしまうので注意しましょう。

参考ページ:
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/prevention.html

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/kouketuatu/about.html