生活習慣病の原因のひとつ ストレスを解消する方法

ストレスは生活習慣病の原因のひとつです。代表的な病気は糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満などで、主に食生活の乱れと運動不足が原因だと言われています。ですがストレスとの関係も無視できません。ここでは生活習慣病の原因であるストレスを解消する方法をまとめました。

◆ストレスで生活習慣病になるのか?

生活習慣病として、ストレスが原因で高血圧や肥満などを発症してしまう人がいることをご存じの方も多いでしょう。実は糖尿病は無縁と思われがちですが発病してしまうこともあるそうです。しかもストレスの程度は軽くても慢性的であればあるほど発症しやすくなってしまうこともわかっています。
こうなってはもうストレスも無視できません。健康であるためには正しい食生活、運動不足解消、そしてストレス解消がとても重要なのです。そうは言っても慢性的な場合は解消するのが難しいもの…そう思う方も多いでしょう。また個々に溜めこみ方も違うので自分に合う対策を実行するのが一番です。ここではどのように解消すべきかの一例をまとめました。

◆からだを動かそう

もやもやとした心を今すぐ解消するなら何も考えずにからだを動かしましょう。特におすすめなのが今すぐできるウォーキングです。移動するので景色が変わる楽しさ、四季折々の移り変わりを感じられ、全身に新鮮な空気を取りこんだり浴びることで日々のストレスからこころを解放できますよ。
からだがポカポカになればこころも温かくなり日頃のストレスが小さく感じるかもしれません。ゆったり自分のペースでできるので、激しく動かすスポーツでは得られない快感を感じることもできます。また生活習慣病の原因のひとつである運動不足も同時に解消できるところも魅力でしょう。

◆気心知れた友達と会う

本当の自分をさらけ出せる友だちと会って、日頃言えないグチを言うのもストレス解消につながります。男性は人に弱みを見せることを苦手としますが、楽しい時間を気のおけない仲間と過ごすだけでも安心感を得られリラックスできますよね。
「こんな楽しいことがあるのに小さなことにこだわってもしかたないか」と気分を切り替えるきっかけを作れるかもしれません。ストレスと真逆の楽しく幸せと感じる環境へ飛び込んでみるのもひとつの方法ですよ。きっと気分転換になるでしょう。

◆新鮮だったり好きなことをやればストレス解消できる

また日頃の生活パターンを乱す行動をとると、新鮮な刺激を得られ物事に集中できるので気分を切り替えられます。
たとえば気になる子とデートしたり、趣味のフットサルに時間を忘れて没頭したり…気づいたらキモチが軽くなりストレス解消できたと感じることもあるものです。ぜひ自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

ストレスを感じる度合いは人それぞれです。慢性的に自分をストレスに晒し続けていると生活習慣病の原因になるので日常的に解消していきましょうね。

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/kouketuatu/about.html