生活習慣病の予防に食べ物の糖分を控える方法

糖分の摂りすぎは生活習慣病の原因になりかねません。少しでも減らしたいところなので毎日の食生活で意識していきましょう。甘党の方は知らずのうちに摂取しすぎてしまうので、できることから気をつけていきませんか。砂糖はティースプーンで一日5、6杯を目安にしましょう。健康を維持するためには糖分を制限することが必要です。

◆自炊しよう

外食やコンビニの食事は糖分だけでなく脂質や化学調味料もたっぷりです。糖尿病、脂質異常症、肥満などのもとになりますから、このような食事だけで糖分などを控えようと思ったら難しいでしょう。

自炊すれば砂糖や油を控えめにできるメニューがたくさんあります。調味料や油を控えめにするためには、にんにく、しょうが、バジルなどの天然のスパイスやハーブを活かした味付けにしたり、和食中心にすれば抑えられますよ。煮物をするにも砂糖を半分に…ということも自分で作れば簡単です。

◆基本的に甘い物はやめる

砂糖をたっぷり含むチョコレートやケーキなどは控えましょう。糖分をたっぷり含んでいるのでたくさん食べればあっという間にオーバーしてしまいます。おやつと一緒に甘い飲み物を…というのも過剰に摂取する原因になるのでやめましょう。

生活習慣病と言われるくらいですから、日常的に甘いものを食べると糖分の摂りすぎになってしまいます。食べるにしても週に何回、など制限をつけておけば生活習慣病につながることは少ないでしょう。

もしスイーツを食べるなら甘い飲み物は避けお茶やハーブティーにしましょう。砂糖を入れずにおいしく飲めるのでおすすめです。コーヒーや紅茶ではどうしても砂糖を入れたくなると言う人も少なくないので、ノンシュガーでおいしく飲めるものを用意するのが一番ですよ。

◆どうしても甘味がほしかったら長持ちするキャンディーで

今まで甘いものが大好きで日常的にチョコレートを食べてきた人やコーヒーにたっぷり砂糖を入れてきた人にとって急に砂糖抜きの生活にするのはキツいものです。ムリにガマンするとよけいほしくなるので、そのようなときはキャンディーをひとつ食べましょう。

ソフトタイプよりも一般の硬いキャンディーなら口の中で長持ちさせられます。甘さを感じることで精神的に満足させられるのでストレスを軽減させられますよ。黒砂糖が入っているものを選べば生活習慣病予防のためのミネラルを摂取できて一石二鳥です。わずかですがカロリーも白砂糖に比べて控えめです。

キャンディーを食べる目的はあくまでもストレスを軽減させることなので、自分の好みにあった味を選ぶのが一番でしょう。食べ過ぎては意味がないのでほしくなったときだけ口に入れる習慣をつけるのがおすすめです。

このようにすれば少しでも糖分を控えられます。ムリなくやることが大切ですが、日常的に過剰に摂りすぎているなら抑える工夫が大切です。生活習慣病の予防には欠かせないのでぜひはじめましょう。

参考ページ:
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/prevention.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/7668/

Copyright(c) 2013 誰にでも分かる!生活習慣病 All Rights Reserved.

■参考サイトURL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/kouketuatu/about.html